冥府ヴァンプ ネタかと思ったらA3でもポイントがみるみる増える

f:id:kurousagi66:20160809070255p:plain

 

これとハイブリッドネクロを主に使ってAA0にたどりついてしまいましたつきました。

 

 もうすぐヴァンピィスキンが来るらしいんですが、今(コントロール)ヴァンパイアは

エルフ……リノセに殺される

ロイヤル……まぁ有利

ネクロ……ビーストサージェントラビネクイタズラケルベロスハウルミミココ11点アザーシター

ビショップ……回復されて陽光サタン

ウィッチ……超越ルーンブレードワンショット

ドラゴン……疾走疾走アンド疾走

ミラー……サタンのめくりあい

 と、遅さと守護の置き辛さが弱点にしかなっておらず、有利取れる相手が非常に少なく感じ、かといってアグロヴァンプはお察しのアレなのでこのままでは新スキンを迎えられない!

 

 コントロールヴァンパイアもクイーン抜いてインプランサー採用で速さ求めたら勝てるようになったけど

 

 ということで構築を考えたのが冥府ヴァンプとかいうキワモノ。

 

 基本的には取引契約運命といった強力なドローソースでデッキをめくり、蝙蝠で墓地を肥やし、ドレインでライフを回復し、除去カードで盤面をコントロールし、冥府でフィニッシュします。

 

 冥府エルフ程の速度は出ないですが冥府エルフが苦手とする(そうでもない)ロイヤルのような速度のあるデッキにも耐性が高めなのが冥府ヴァンプの特徴かなと。

 

 弱点としてはリノセウスのようなフィニッシャーはいないので勝ち筋がほぼ冥府になってしまう点でしょうか。ドラゴンやロイヤルみたいな息切れしやすい相手はたまに除去とクイーンヴァンプだけで勝ったりもありますが。

 

 

マリガンは基本的に契約>取引>運命の順のドローソースの優先順位

2PPは眷属>ベルエンジェル>先攻スイート=後攻鋭利ぐらいの気持ちで。

理想の手札は先攻後攻どちらも眷属契約夜の群れですが相手によっては後攻の場合夜の群れが裁きの悪魔に変わります。

 

 

対デッキ

 

・ロイヤル……黙示録キープは必須、後攻でも契約はキープしてよし、後は裁きの悪魔や2PPを優先して握る。乙姫までなるべく黙示録は撃たないようにしたい、もし撃つなら新たなる運命等で二枚目を握れる算段を立ててからの方がいい。

 

・エルフ……ただただ貪欲に冥府に向かう。ドレインを重視して戦うと死に難い。というかそれ以外は絶対に勝てない。

 

・ネクロ……モルディカイハウルミミココどっちも脅威。モルディカイ不採用も多いのでそっちを祈りながら盤面処理を重視しつつ戦う。スカルウィドウを見たらモルディが入っていると踏んで全力で冥府に向かう。こちらもロイヤルと同じく祝福に黙示録は必須。

 

・ウィッチ……超越型にガン不利。土型は問題無い。虹でフォレストバットを戻されるのでドローが止められやすい、六枚くらいをキープしていくといい感じ。あとはひたすら速度。土型は超越よりは遅いので冥府も決めやすいが変成には注意。

 

・ドラゴン……クイーンキープ。クイーンヴァンパイアを何枚引けるかという試合。クイーンヴァンパイアを引けば引くほど勝てるようになる。盤面を残すとあっさりリーサルになるので盤面処理は徹底。ドラゴン相手は裁きの悪魔の必殺ドレインも重要なので進化権の見極めは慎重に。

 

・ビショップ……ガン有利 天国 意識することなど何もない。ただひたすら冥府に向かう。冥府に向かっても冥府に落ちるのは相手だけど。

 

・ヴァンパイア……ミラー。盤面処理を徹底しつつライフも回復しつつ相手のサタンが飛んでくる前に冥府に入れれば十分。冥府に入っても死ぬほど粘られたりするので自身のライフはなるべく高く高くを意識する。進化権は裁きかスイートに使い果たすことになると思われる。

 

 

 

一部カードの採用理由

 

眷属 夜の群れ クイーン……墓地肥やし 一枚で三枚増える

スイート 裁き ドレイン……回復で粘るため スイートまでいると足りやすい

獰猛な捕食……黙示録で飛ばない耐久ラインやゴブリンマウントデーモンのようなカードに打ち込むため。エクスキューションよりデッキの回転率が上がるかもしれないこちらを採用

ベルエンジェル……デッキの回転率がりんごんりんごーん

 

キラーデビル不採用になったの理由……一枚で二枚しか墓地が増やせない、3PPが重い。もとは採用していたがお役御免

 

 

 

 

 

本当は収穫祭ナーフされてから冥府エルフの絶対数が減ってコントロールが少し数を増やしたくらいの頃に使うといいんだけど現環境でも悪くない勝率なので紹介。

 

新スキンたのしみですね